望楠書房 版元サイト

すべての取次への出荷が可能です。
FAX、電話またはE-mailにて御注文ください。
FAX注文書(PDF)
FAX:03-3294-2177 / TEL:03-5283-2230
E-mail:info@jrc-book.com
表紙画像 望楠書房 書籍リスト FAX注文書PDF
道義国家日本を再建する言論誌
『維新と興亜』 第15号 令和4年11月号
崎門学研究・大アジア研究会 合同編集
ユニオン・クリエイト 発行
650円+税 政治
ISBN978-4-910773-08-7 C0031 A5判並製 120頁 2022/10刊  
【特集】 自主防衛に舵を切れ 日中戦争勃発! アメリカは参戦できない。今こそ核武装を
 ◆西村眞悟「國體への覚醒が自主防衛の前提だ」◆田母神俊雄「米国は日中戦争に参戦できない」◆毒島刀也「こうすれば日本は核武装できる」 ◆堀茂「自主核武装という選択」◆桜林美佐「防衛産業復活への方策」
【連載陣】 山崎行太郎、木原功仁哉、金子宗コ、杉本延博、森田忠明 他
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 
表紙画像 望楠書房 書籍リスト FAX注文書PDF
『木村武雄の日中国交正常化』 王道アジア主義者・石原莞爾の魂
坪内隆彦 著
ユニオン・クリエイト 発行
1,900円+税 政治
ISBN978-4-910773-07-0 C0031 四六判並製 216頁 2022/10刊  
田中角栄政権を作り、日中国交正常化 に動かした男がいる。石原莞爾に心酔 し、東亜連盟協会を設立した「元帥」・ 木村武雄である。 彼の人生を支えた王 道アジア主義とは何だったのか。
 第1章 政治家・木村武雄の誕生     第4章 執念の日中国交正常化
 第2章 石原莞爾と東亜連盟       第5章 ロッキード事件の真相
 第3章 王道アジア主義の源流
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 
表紙画像 望楠書房 書籍リスト FAX注文書PDF
道義国家日本を再建する言論誌
『維新と興亜』 別冊
崎門学研究・大アジア研究会 合同編集
ユニオン・クリエイト 発行
650円+税 政治
ISBN978-4-910773-06-3 C0031 A5判並製 104頁 2022/9刊  
五・一五事件90周年 第50回 大夢祭記念シンポジウム
 基調講演:小山俊樹、パネリスト:折本龍則、金子宗コ、杉本延博、蜷川正大、寄稿:クリストファー・スピルマン。
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 
表紙画像 望楠書房 書籍リスト FAX注文書PDF
道義国家日本を再建する言論誌
『維新と興亜』 第14号 令和4年9月号
崎門学研究・大アジア研究会 合同編集
ユニオン・クリエイト 発行
650円+税 政治
ISBN978-4-910773-05-6 C0031 A5判並製 112頁 2022/8刊  
【特集】 日本外交大転換、対米自立・日中関係の未来
 ◆鳩山由紀夫「対米追従外交からの脱却」◆亀井静香「日米安保条約を破棄せよ」◆神谷宗幣「グローバリストとの闘い」 ◆上田清司「日米地位協定改定の方策」◆近藤大介「習近平後の日中関係」◆嵯峨隆「アジア主義と日中連携論」
【連載陣】 西村眞悟、山崎行太郎、木原功仁哉、金子宗コ、杉本延博、森田忠明 他
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 
表紙画像 望楠書房 書籍リスト FAX注文書PDF
道義国家日本を再建する言論誌
『維新と興亜』 第13号 令和4年7月号
崎門学研究・大アジア研究会 合同編集
ユニオン・クリエイト 発行
650円+税 政治
ISBN978-4-910773-04-9 C0031 A5判並製 108頁 2022/6刊  
既存の保守雑誌とは一線を画す、 闘うオピニオン誌。 反グローバリズム、 真の主権回復、国体護持。
【緊急特集】 参院選議席を狙う保守政党 徹底比較
 8党代表に緊急インタビュー ◆維新政党・新風代表・魚谷哲央 ◆参政党事務局長・神谷宗幣 ◆新党くにもり共同代表・安藤裕 ◆新党やまと代表・小林興起 ◆祖国再生同盟代表・木原功仁哉 ◆つばさの党代表・黒川敦彦 ◆日本国民党代表・鈴木信行 ◆日本第一党幹事長・中村和弘
【第二特集】 憲法改正か 明治憲法復元か
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 
表紙画像 望楠書房 書籍リスト FAX注文書PDF
『日本再建は水戸学国体論から!』 ─新論 国体篇現代語訳
会沢正志斎 著・高須芳次郎 訳
ユニオン・クリエイト 発行
1,500円+税 政治
ISBN978-4-910773-01-8 C0031 A5判並製 176頁 2022/1刊  
日本再建は水戸学国体論から! 新論 国体篇。 日本の進むべき道を明らかにした水戸学の必読書。いま蘇る。
/ 序文 いま求められている新『新論』(衆議院議員・福島伸享) / 解題 水戸学の正統を継ぐ会沢正志斎と『新論』 / 会沢正志斎『新論 国体篇』現代語訳 / わが国独自の民主主義思想としての水戸学(坪内隆彦) / 蒲生君平『不恤緯』にみる、『新論』との関係性(小野寺崇良) / 会沢正志斎の「孤立無援の思想」について(山崎行太郎) / 桜田門外の変・天狗党の乱に散った水戸藩士たち(益子奉忠) / 会沢正志斎に学び、水戸学の限界を超えた吉田松陰と真木和泉守(折本龍則) / 会沢正志斎『新論』と昭和維新論─水戸学者たちの戦争(山本直人) / 新論の経世済民論─構造改革論は尊皇愛国思想に非ず(小野耕資) / 会沢正志斎年譜
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 
表紙画像 望楠書房 書籍リスト FAX注文書PDF
『岸田総理に伝えたい 新自由主義の転換はふるさとの復活から』
小野耕資 著
ユニオン・クリエイト 発行
1,300円+税 政治
ISBN978-4-910773-00-1 C0031 A5判並製 154頁 2021/12刊  
はじめに 国づくりのグランドデザインを描け  六 低すぎる最低賃金を見直し東京一極集中を改善せよ
 一 地方って言うな―地方創生の欺瞞     七 低エネルギー生活への転換で近代文明を転換せよ
 二 観光立国とインバウンド依存経済の限界  八 国が責任を果たす積極的な財政支出を
 補論一 二度の東京五輪が示す開発の害悪   九 グローバリズム・新自由主義から国民共同体を防衛せよ
 三 「官治国家」と市場原理主義の悪弊    十 グローバリズムの時代からローカリズムの時代へ
 四 ふるさとを破壊し続けた戦後史      補論二 人々のふるさとに思いを致した言論人 陸羯南
 五 規制緩和による町の空洞化を防げ     あとがき
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 

出版社リストへ戻る

JRC