プラズマ出版 版元サイト

すべての取次への出荷が可能です。
FAX、電話またはE-mailにて御注文ください。
FAX注文書(PDF)
FAX:03-3294-2177 / TEL:03-5283-2230
E-mail:info@jrc-book.com
表紙画像 プラズマ出版 書籍リスト FAX注文書PDF
プラズマ現代叢書4
『松崎明と黒田寛一 その挫折の深層』
 ロシアのウクライナ侵略弾劾!
松代秀樹 編著 2,000円+税 人文
社会
ISBN978-4-910323-04-6 C0036 A5判並製 252頁 2022/4刊  
黒田寛一と松崎明に師事し、二人の関係を最もよく知る著者が、二人の無念の思いをつかみとり、 その挫折の深層に迫る! スターリン主義から転化したロシア帝国主義のウクライナ侵略を弾劾する!
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 
表紙画像 プラズマ出版 書籍リスト FAX注文書PDF
『バイト学生と下層労働者の『資本論』』 ―脱炭素の虚妄
野原拓 著 1,500円+税 人文
社会
ISBN978-4-910323-52-7 C0036 B6判並製 211頁 2021/12刊  
介護職場で給食の仕事をしている著者が、自分の体験と重ね合わせて『資本論』を語る!
 T 現代の労働者の苦悩            V 『資本論』の体験
 U 21世紀現代に生き苦悩するプロレタリア   W 『資本論』を武器として脱炭素の本質を暴く
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 
表紙画像 プラズマ出版 書籍リスト FAX注文書PDF
プラズマ現代叢書3
『脱炭素と『資本論』』
松代秀樹
藤川一久 編著
2,000円+税 人文
社会
ISBN978-4-910323-03-9 C0036 A5判並製 252頁 2021/10刊  
黒田寛一の組織づくりをいかに受け継ぐべきなのか
まさにいま脱炭素産業革命です。自動車産業の独占資本家を先頭にして、脱炭素の技術にもとづく生産へと再編するために、 従来の作業に携わってきた労働者たちを解雇する、という大攻撃にうってでてきています。この現実を分析するための武器が、 まさに、マルクスの『資本論』なのです。斎藤幸平たちの主張は、マルクスの歪曲です。マルクスを現代に蘇らせるためには同時に、 黒田寛一の反スターリン主義の理論と組織づくりを継承し発展させなければなりません。このことを明らかにしているのが本書なのです。
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 
表紙画像 プラズマ出版 書籍リスト FAX注文書PDF
『自然破壊と人間』
 マルクス「資本論」の真髄を貫いて考察する
野原拓 著 2,000円+税 人文
社会
ISBN978-4-910323-51-0 C0036 四六判並製 284頁 2021/3刊  
いま堰を切ったように、日本や世界各国の支配者と資本家たちは「脱炭素社会の実現」を掲げて再生可能エネルギーの開発と これにもとづく産業構造の大々的な再編に乗り出している。この動きは、これら支配者たちが反省し、心を改めたからなのだろうか。 いや、決してそうではない。太陽光発電や水素燃料の開発が利潤を生む分野となったがゆえに、支配者たち、資本家たちが群がっているのであり、 労働者たちは産業再編の犠牲にされようとしているのである。現代世界の問題を明らかにするためには、マルクスとこれを受け継いだ黒田寛一の 実践的唯物論を、そして「資本論」のしんずいを貫徹して分析し考察しなければならない。
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 
表紙画像 プラズマ出版 書籍リスト FAX注文書PDF
プラズマ現代叢書2
『コロナ危機の超克』
 黒田寛一の実践論と組織創造論をわがものに
松代秀樹
椿原清孝 編著
2,000円+税 人文
社会
ISBN978-4-910323-02-2 C0036 A5判並製 277頁 2020/11刊  
コロナ危機が映し出した現代社会の病理!
新型コロナウイルス感染の蔓延、冬季を迎えインフルエンザ流行の懸念、<米中対決>の時代という重層する危機の中で、私達の社会のあり方、 人々の生きざまが問われている。私達は一度立ち止まってこの歴史的現実を凝視しなければならない。本書の執筆者たちは単なる 自然現象としての「コロナ禍」はではなく「コロナ危機が映し出した現代社会の病理」こそが問題であると洞察し、その変革は いかにして実現されうるのか、その主体的な拠点はどこにあるのか、と問うている。
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 
表紙画像 プラズマ出版 書籍リスト FAX注文書PDF
プラズマ現代叢書1
『コロナ危機との闘い』
 黒田寛一の営為をうけつぎ、反スターリン主義運動の再興を
松代秀樹 編著 2,000円+税 人文
社会
ISBN978-4-910323-01-5 C0036 A5判並製 263頁 2020/7刊  
新型コロナウイルスの感染拡大によって、労働者たちは解雇され、あるいは出勤を制限され、生活苦につき落とされている。 個人事業者や中小企業は、廃業・倒産を余儀なくされている。このような状況を何としても打開しなければならない。医療現場の 労働者たちは、人員も医療防具も不足している中で、ひとりでも多くの人の命を救おうと、献身的に働いている。 ロイヤルリムジンは、600人のタクシー労働者の首を切った。労働者たちは、団結して企業に立ち向かった。そして、解雇を 撤回させた。このようにたたかうことが、いま迫られている。厳しい現実に立ち向かい、働く者たちが支えあい、連帯の輪を 広げていく方向性が、この本の中で指し示されています。「人間はなんであり、なんであるべきか」を生涯問い続けた黒田寛一。 この変革の哲学者の思想を<いま・ここ> につらぬく思索が、この本にあふれています。
☆販売促進用チラシ(PDF)もご利用ください。
 

出版社リストへ戻る

JRC